takaraya_takako

泣いたらあかん!ブログ

2011年05月

29 5月

あきまへん

ケータイの復活は、かないませんでした[E:crying] 機種変更は出来たものの、今までのデータや、やりとりしたメールも見れません[E:weep] 電話帳は、大方はバックアップがあったのですが、最新の電話帳は、無理でした。 この記事を見てくれた方、ぜひ私にメール下さいませ(^^;) ふう~。 落ち着こう[E:coldsweats01]
29 5月

またやってもうた・・・・

やってしまいました。 ケータイ。 水没です[E:shock] なんでまたこんな大事な時に・・・・ 復活できるかどうか、まだわかりません。 明日、ドコモに持って行かなきゃ[E:coldsweats02] どうか! 復活してくれっ[E:bearing]
24 5月

じゃじゃ〜ん

じゃじゃ〜ん 今は東京に居ます(^-^) これはなんと! 高校時代の私と、大好きな 一つ上の「直子先輩[E:heart04]」(許可が出たのでアップしました[E:bleah]) 見つけてしまいました[E:smile] 今回、大阪公演のお知らせをしようと、卒業以来会っていなかった、高校時代の演劇部の同期や、先輩、後輩に連絡を取る中、真っ先に電話したのが直子先輩でした。 ものすごいご無沙汰しているのと、音信不通にしてしまった不義理もあり、すでに連絡を取りづらくなっていました[E:coldsweats01] しかし今回は、思いきって先輩にお知らせしようと思いました。 ボロボロになったアドレス帳を見ると、先輩の実家の番号! 掛けてみると、お母さんが出てくださり、名を名乗るとなんと! 私を覚えて下さっていて、直子先輩の連絡先を教えて下さり、ケータイに掛けてみたところ、留守電。メッセージを残したらすぐにバックを下さり、もう〜20数年ぶりに、「直子せんぱい〜[E:sign03]」「たこ〜[E:sign03]」と、興奮のコンタクトが実現! 一気に、高校時代へと引き戻されました(^-^) 直子先輩は、私のことを「たこ[E:heart01]」と、愛情込めて呼んでくれていました。 ホントに仲良しで、直子先輩が大好きでした。実生活では、長女の私にとっては、お姉さんのような人でした。 でも、可愛らしい、お茶目なお姉さん。 そんな直子先輩と、いつしか連絡が途絶えてしまって、なかなかご実家にまで電話して・・・と行かず、自分も環境がどんどん変わる中で、心の片隅にありながら、置きっぱなしになっていたのでした[E:coldsweats01] それだけに、直子先輩の、「たこ~[E:sign03]生きてたんか~[E:sign02]」には、嬉しいやら、申し訳ないやらで・・・ 直子先輩は、すごく喜んで下さいました。 こんな不義理をしていたのに・・・[E:bearing] そして、芝居観に来て下さると[E:sign01] しかも、演劇部の他の先輩たちにも声をかけて下さり、団体さんで[E:happy02] 恐らくその日は同窓会です[E:happy01] はやくはやく会いたい。 途切れかけていた糸が、また繋がり始めて、また太くなっていく。 そんな気がしています[E:confident] 直子先輩[E:heart01] ありがとうございます[E:heart04] 他にも紹介したいエピソードがいっぱいありますが、落ち着いてなかなか書けなくて・・・[E:coldsweats01] 明日、トライします!
15 5月

in大阪〜

今日は大阪に居ます(^o^) これから、初顔合わせ&本読みなのです〜!! 頑張ります(^o^)
11 5月

あれから2ヵ月・・

今日で震災から2ヵ月が経ちましたね。 復興に向けて、日々闘っている被災地の方たち。 原発の現場で、命を賭けて作業を続けている人たち。 自治体そのものも被災しながら、故郷に住み続けたいと願う住民の皆さんのために、奔走する人たち。 支援している尊いボランティアの人たち。 皆の思いはただ一つ。 一日も早く、安穏の日々が訪れること。 2ヵ月という時は経っても、まだまだまだまだ、震災の爪痕は、色濃く、気が遠くなるほどの「現実」に、 打ちのめされそうになるけど、「負けでられっが!」と、前を向いて闘う逞しい「おじちゃん」や「おばちゃん」の 意気には、本当に心が救われ、日本人の底力を見せつけられた思いでした。 大切なことは、「共に」感じ、「共に」励まし、「共に」闘うこと。 東京も、節電はしていても、ほとんど日常に戻ったかに見えるけど、絶対に忘れないこと。 いつも心は寄り添って。 一歩、一歩。 冬は必ず春となる!
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
貴楽屋座長岩本貴子がTweetします!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ