takaraya_takako

泣いたらあかん!ブログ

2005年09月

27 9月

麒麟子さん

麒麟ビールが好きなので、麒麟子。「せきちゃん」と、本名で、私たちは呼んでいます。 彼女との出会いは、以前ヘアメイクを担当してくれた、美容師さんの紹介でした。ある日電話がかかってきて、 「たかねえ、僕のお客さんで、芝居したいって人がいて、紹介したいんだけど・・・」と。 縁ですねー。まさに泣いたらあかん第一話を企画中のタイミングでしたから。ぜひ会いましょう。やりましょう。ってなわけで、現在に至るわけです。せきちゃんは、いつも冷静です。慌てふためく姿を私は見たことがありません。 役でも、貴子の親友・康子を淡々と、しかも確実に演じてくれます。前回から登場の康子母。強烈なキャラクターとして、観て下さった方には、記憶に新しいかも!? 今回もご要望?にお応えし、ババーンと(古っ)出ます! まあ、とにかく怖いですから(^^;;) 妖気さえ漂ってきます。。。お~くわばらくわばら・・・・ お楽しみにっ。
25 9月

台風!

またまた台風ですねー。リタも上陸しちゃって、避難するために家を出たのに事故に遭っちゃって・・・ニュースを見ていると、どないなっとんねん!!と叫びたくなりますね。 さて、最近の稽古場ですが、みんなぼちぼち台本を手から離し、立ち稽古しています。昨日は、覚えたつもりで立ってみたら、その場面の相手役だった木村くんもそうみたいで、結局二人して途切れ途切れのプロンプをしてもらってました(^^;) おかしいなー。。。 キムちゃん(木村裕一くん)とは、もう長い付き合いになりました。芝居が好きで、お酒が好きで、爬虫類だなんだと言われながらも明るく元気に前向きに?彼は生きています(^^) キムちゃんは、貴子の同級生、太助を演ってます。 実物のキムちゃんと同様、どこか憎めないのです。 キムちゃんには、かわいい彼女がいて、実生活ではかなり幸せかな。 設定上は、うだつのあがらないサラリーマン。彼女イナイ歴38年ですが・・・。 しかし彼の、ボケの芝居には最近磨きがかかってきたように思います。 あと、ハリセンの受けも笑えます。 今回も貴子に蹴られ、叩かれ、でもちょっと嬉しそう?なキムちゃんにご期待ください!! 
22 9月

チラシ

こんばんは。今回のチラシはどこかでご覧になりましたか? ポスターも貼り出しますので、どこかで見かけたら、ぜひお知り合いにも声をかけてくだされば嬉しいです(^^) しかし、私もそうですが、裕一郎さんもそうとう似てます。 デザイナーの平井さん、今回もありがとうございます!! あの似顔絵を見たコバちゃん、そうとうウケてました(^^;) 今日は、稽古はありませんでした。それぞれ役作りや、セリフを覚えたり、宣伝したりと、やることがいっぱいです。 私も眠い目をこすりこすり、これを書いてます(^^;)先日気がついたら、アルファベットのPが、画面いっぱいに並んでいるではありませんか! キーを押しつづけて居眠りしちゃったんですねー。今度はそれを消そうと思って、削除キーを押しつづけていたら、また眠っちゃったらしく、ぜーんぶ消しちゃってもうホントショックでした(^^;) あと、ご質問がありましたね。私の関西弁は、一応本物です(^^) 生まれも育ちも関西で、18歳からは東京で暮らしています。そう考えると、年数は東京暮らしの方が、長くなってきました。。いやー光陰矢の如し・・・・こわっ。 今日は朝早かったせいか、またPPPPPPPPPPと、打ってしまいそうな予感。。。ヤバイ! また明日、書きますね。おやすみなさい。
20 9月

大衆演劇

今日、7月のなにわ三国志で一緒だった、小桜 真くんの劇団 花吹雪さんの東京公演を観に行って来ました。 今日の演目には特別ゲストとして、同じくなにわ三国志でお世話になった、元宝塚星組スターの未央 一さんも出演されており、久しぶりにお会いできて本当に感激でした!! ステージも、踊りあり、お芝居あり、歌ありで、本当に楽しい時間を過ごしました。 なによりスゴイと思ったのは、座長(親の世代)から若座長(子の世代)また若手の座員へと、芸が見事に受け継がれて、伝統あるものと、新しいものとが、絶妙なバランスで舞台の上を行き交っていることでした。 日本の大衆芸能は、元気だぞー!と、魅せられて参りました。 さて、泣いたらあかん 第四話。 今日も稽古場で、騒いできました(^^) 今回初めて参加をしてくれている、今井光信さん。彼は、第二話から観てくれているお客様でした。 もともと役者さんで、色んな舞台を観る中で、貴楽屋を気に入ってくださったそうで、縁あって参加となりました。 実にまじめで誠実。稽古場にもいつも一番に入って、一人黙々となにやらブツブツ、ニヤーっと演技プランを考えているようです。今回は、西糀谷商店街にある自転車屋「吉沢サイクル」の息子で、電鉄会社の社員を演じてもらいます。 商店街の中で、変わっていくもの、変わらないもの。新しく生まれ変わるもの。 悩みながらも、誇りをもって、彼は自分の未来を決断していくのです。 親から子へ。芸も技術もそしてなによりその心を大切に伝えようと するベテランの心意気に最大の敬意を表したいです。
17 9月

出会い

@ほほえみさん、ありがとうございます! 第一話から観て下さっているんですね!ちょっぴり気恥ずかしい気もしますが・・・(^^;) 確かに、人との出会いは不思議です。私も貴楽屋を始めたことで、貴重な出会いをたくさん作らせて頂きました! 結局のところ、自分の周りに居る人は、自分を映し出す鏡の様な存在だと思うのです。 だからこそ、共に成長していかないと、ですね(^^) 貴子の夫役、裕一郎を演じている小林一喜さんと初めて会ったのは、別の作品の時でした。 泣いたらあかんでは、寡黙な男を演じてますが、その実は、ダンサー!!ヒップホップとか、そっちの方です。 時々稽古場で、ステップを踏んでいるコバちゃんなのです。 彼のすごいところは、誰よりもセリフ覚えがいい! 一番早く台本を離して立ち稽古をしています。 そこに、俺覚えてきたぜ!みたいな感はなく、淡々とさらりとやってくれるのです。 その安定感が、貴子のバタバタを更に引き立てて?くれているのかも知れません。 今回は、貴子と裕一郎のラブシーンにご注目です!(ナイナイ^^;)  
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
貴楽屋座長岩本貴子がTweetします!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ