てんつくマンとはどういう人かと言うと、元お笑いコンビ「TEAM 0」(相方は山崎邦正さん)の芸人さんだったそうで、しかし「やりたいことが見つかった」と、吉本興業を辞め、インスピレーションで言葉を書く路上詩人に。 2003年、7年半追い続けた夢の映画「107+1~天国はつくるもの~」を製作。 2005年、自主上映でありながら観客動員数5万人を突破。今もロングラン上映中。 と、なにやら面白い経歴の持ち主で、でもとっても熱い人だった!  彼の「やりたいこと」は、地球のどこかで苦しんでいる子どもたちを、大人たちを助けたい。自分が楽しみながら力になっていきたい、ということだった。 二時間強のドキュメント映画には、彼とその仲間たちが、遊んでるみたいに楽しみながら、ゴミを拾ったり、アフガニスタンの子どもたちに救援マフラーを編んで届けたりと、気の遠くなりそうな時間と労力を使って、誰かの役に立ちたいと頑張っていた。基本は、楽しむこと。アホみたいに(^^) とっても心が熱くなる映画だった。 機会があったらぜひ見てほしいです。機会を知ったらここでもお知らせしていきますね。 それと、彼の書く言葉には彼の魂が墨に染め流されているようだった。こころある、あったかい、優しい文字。 そして、無邪気で優しい笑顔。大人も子どもも、てんつくマンをいっぺんで好きになる。 そんな魅力の持ち主だったなあ。 素敵な人たちにめぐりあわせてくれた希美ちゃんに感謝! 本当にありがとう! 昨日から、電気、こまめに消してます(^^;) 当たり前か・・! いや、本気で地球に優しい社会にしたいね! これを読んで下さってる方たちも、こんな節電方法があるよ!とか、私こんなエコ生活してる!とか、ぜひ教えて下さいね。 下のコメント欄をポチッと! あ!それから以下、麒麟子さんの語りの会情報です。 3月4日(日) タイトルは『語りの世界 淑言の葉』。 場所はお江戸日本橋亭(中央区日本橋本町3-1-6日本橋永谷ビル1F) 開演時間は14:00、18:00 最寄駅は銀座線三越駅より歩2分、JR新日本橋駅歩2分、JR神田駅歩7分 ぜひ!!