takaraya_takako

泣いたらあかん!ブログ

涙と笑顔の昭和時代劇 
「青い空の下で」
作   柴切 正輝  
演出  岩本 貴子
音楽  JUN
●公演日程
10月12日(木)19:00
10月13日(金)★14:30/19:00
10月14日(土)13:30/18:00
10月15日(日)12:30/17:00
(受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前です)
【13日(金)★14:30~はラッキーステージ(割引有)】
●劇場
ウッディシアター中目黒
(目黒区上目黒2-23-5)
(東急東横線 日比谷線乗り入れ「中目黒駅」下車 徒歩10分)
●料金
 全席自由(日時指定)
 大人前売   3,800円
 中学生以下  2,000円
【ラッキーステージ:10/13(金)14:30公演のみ 3,500円】
●劇団HP
http://takaraya.peave-factory.info
●チケット予約 8/14(火)予約開始
https://ticket.corich.jp/apply/85348/
19 1月

レ・ミゼラブル

先日観てきました。

感動しました。泣きました。鼻水もいっぱい出ました

あのドカ雪の日、悪天候にも関わらず、満席。 最前列しか空いていないということで、一番前のど真ん中の席で、ド迫力の「レ・ミゼラブル」を体感してきました。

いや~。凄かった。

東宝ミュージカル「レ・ミゼラブル」の舞台を観たのが、かれこれ20年前かな?(~_~;)

当時ジャン・バルジャン役、ジャベール役は、滝田栄さん、鹿賀丈史さんのお二人が、ダブルキャストで、なおかつ二役で演じていらっしゃいました。

舞台の感動は、心の中に記憶として残っていたけれど、少しづつ薄れていて、なんだか曖昧な感じにもなっていましたが、映像化されたこの作品を観て、記憶の中にある感動と、今感じる感動とが重なって、さらに深く、心に身体に沁みわたっていくような感じでした。

あの舞台の映画化は、難しいのでは?と思っていましたが。(過去にも、映画化作品があったのですね・・・)
いやいや、舞台の臨場感と、映像のスケールの大きさ。どちらものいいとこどり!みたいな仕上がりになっていました。ほぼ全編が歌で展開されるわけですが、案外歌にもっていくことで、「説明」がいらず、登場人物の心の動きをダイレクトに感じることができ、物語にぐっと入っていけるのかも知れません。

主演のヒュー・ジャックマンはもとより、キャスト陣も、素晴らしく、トム・フーパー監督はじめ、スタッフ、作り手の思い入れの深さがストレートに伝わって来ました。
歌のうまさにも、感動です。


唯一思ったのは、「舞台だったら、ここで生身の役者が目の前で歌いあげてくれていることに、万雷の拍手がくるところなのになあ~。拍手したい・・でも、みんな映画だからしないな~(^^;)」ということ。
やはり、舞台は舞台の良さがありますね。
ある意味、贅沢です。

そこは、舞台人としての「誇り」かも知れません



人間は、哀しくて、愚かだけれども、変わることができる。
愛と勇気があれば、悲哀のどん底から立ち上がり、信じる友と戦うことが出来る。
たとえ戦いに敗れても、後に続く者がいれば、魂は受け継がれ、人間としての勝利を、いつかは必ず勝ち得る。

不変のテーマです。

登場人物の中の、フランス軍と戦う学生戦士で、コゼットの恋人「マリウス」は、
原作者ヴィクトル・ユゴー自身がモデルと言われています。

彼が残してくれた、この力強い魂を、これからも受け継いでいく必要があります。

また、帝国劇場での、新演出による舞台も、本当に楽しみです。




さあ、そんな興奮を頂きつつ、次なる自身の目標に向かって進みます

5月23日~26日 築地本願寺の「ブディストホール」にて。

貴楽屋(たからや)「蛍」

只今、キャスティングの最中です。よき出会いがあることを祈りつつ!










1 1月

あけましておめでとうございます

8ca69a64.jpg2013年が明けましたね♪

昨年は、大阪、東京と、東西での公演をおこない、貴重な体験させて頂きました。

今年は、5月23日~26日
東京にて、公演決定致しました!

詳細は、追ってお知らせさせて頂きますね(^○^)


あと、私事ですが、本日、誕生日を迎えまして、昨夜はだんなさんも一緒に友だち宅で、一緒にカウントダウンをしました。

年が明けた瞬間、友だちの娘たち二人と友だちが、バースデーパーティー♪をやってくれました(^O^)

最高に嬉しかったです(T-T)


今年は、年の初めからいい感じです!

写真は、雪ちゃんと子どもたちが作ってくれた手作りケーキと、プレゼント!

美味しかった~(^o^)v

ホントにありがとうね♪


今年も、皆様にとって、たくさんいいことがありますように(^人^)


どうぞ本年も、貴楽屋を宜しくお願いいたしますm(__)m
1 12月

ありがとうございました

52c39369.jpg貴楽屋「ジュンサイ」

無事終演いたしました!

観て頂いた皆さま、気にかけて下さった皆さま、応援してくださった全ての皆さま、本当に本当にありがとうございました

また、次に向けて頑張ります!
22 11月

今日から本番です!

4c64e37f.jpg
8147862d.jpg
いよいよ今日から本番です!

ブローダーハウスから、愛を叫びます!

皆さまのお越しを、心よりお待ちしていますm(__)m


23(金)の19:00
25(日)の17:00
は、お席に余裕がございますm(__)m

他の日でも、もちろん大歓迎です



↓↓↓↓

貴楽屋(たからや)公演

11/22(木)~25(日)

井の頭線の東松原駅 1分

ブローダーハウス

『ジュンサイ』

作 柴切正輝
演出 岩本貴子
音楽 Jun


11/22(木) 19:30
11/23(金・祝)15:00 19:00
11/24(土) 15:00 19:00
11/25(日) 13:00 17:00

※開場は、開演の30分前です。

全席自由席 2800円{前売り当日共に}



50席程の小さな小さな会場です

ご予約制となっております。

ぜひ、お待ちいたしております


おはなし

『時は、1969年12月29日。
場所は、都内の片隅で営業している、スナック「フランシーヌ」の店内。
この店の、営業時間は、20時から、夜が明けるまで。
店主とバーテン。常連客の三人。そしてそこにやってきた店主の姉。この夜この店に集まったのは、この6人だけだった。
年内の営業は、今日まで。明日からは正月休みである。
このドラマは、この一夜の物語である。』

出演者

岩本貴子・竹村とよ志・
小林一喜・日野原希美・
今井光信・谷坂寛也


一同、「フランシーヌ」で、お待ちしています


ピーブファクトリーホームページ

http://homepage2.nifty.com/peave2001/


貴楽屋(たからや)
岩本貴子
15 10月

チラシ画像

今回は、いつもとちょっと違うテイストにしてみました。

1211jyunsai

チラシはこちらからもご覧になれます。
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
貴楽屋座長岩本貴子がTweetします!
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ